丹波篠山の名産品.黒豆硝子.丹波.篠山.特産品.黒豆.ガラス.で作った黒豆硝子は篠山の田舎暮らしから生まれた 美しい.綺麗な色のガラスの器です。カップ.コップ.ボール.鉢.大皿.中皿.小皿.花器.一輪挿し.酒器.ぐいのみ.徳利.ブランデーグラス.シェリーグラス.菓子鉢.菓子皿.お茶碗.抹茶碗.水差し.棗.ワイングラス. ビールグラス.焼酎グラス.小鉢.大鉢.中鉢.小鉢.丹波篠山.工芸.工芸品の数々を生産しています。ボトル.瓶.花瓶.ビン.ガラス教室.ガラスの体験.りんご.ペーパーウェイト ガラスの器.ギャラリー.ガラスの展覧会.催事.ガラスの催し.クラフトフェアー.器や.ギャラリー彩.いろどり.百貨店などでも展示会をこなっております。 吹きガラス体験.ガラス体験.兵庫県.神戸市.三田市.丹波篠山市で吹きガラス体験.日帰り体験.もおこなっております。 丹波篠山市の特産物でもある黒豆.ガラス.は琥珀.黄金.翡翠.浅葱と色があります。器好きとつながりたい。
宮崎英彦作品
 宮崎恵巳作品
  ガラスのアクセサリー
丹波篠山生まれの
黒豆硝子
ガラス工房
プロフィール
ギャラリー 彩
irodori
工房アクセス

 

宮崎英彦
Hidehiko Miyazaki

 

レースガラス

日本の織物文化を表現する方法の一つとして
イタリア・ベネチアの伝統的な技法
のレース模様を選びました。
レース模様とグラデーションの色と組み合わせは、
繊細さが美しい作品です。
 

流白

日本には着物などの、織物文化の伝統があり、
一本一本大小の糸を織り込み
様々な美しい物が生だされています。
その様な糸の流れを表現したく
制作した作品です。
 

流水文

清らかな流水文様のガラスです。
 

和ごころ ~角麻~

日本の伝統的な模様と西洋のガラスの融合

先人達が作り上げてきた日本美をガラスに
一本一本彫りこみ和モダンな雰囲気の作品です。




空にできる虹を見つけた時の喜びを
ガラスで、表現しました。
明るい雰囲気で、見ていると元気になる作品です。
 


黒豆レース硝子

レース模様を黒豆ガラスの彩色で表現した作品です、
繊細さと色の優しさとが相まって
上品な仕上がりとなりました。

レース・黒豆ガラス(コガネ)




(左)酒器セット、   (左下)ボール、   (下)小皿
虹織

見ていると元気になる作品です。

プロフィール

宮崎英彦  HIDEHIKO MIYAZAKI


1980年 神戸市生まれ
2000年 東京ガラス工芸研究所卒業
2001年 EZRAグラススタジオBLOWGLASS塾卒業
2001~2006年 彩グラススタジオ スタッフ・講師
2005年 彩グラススタジオ デモンストレーション
2006年 三田ガラス工芸館 デモンストレーション
2008年 丹波篠山市にて「ガラス工房るん」を設立
2014年 さんだクラフトハウス デモンストレーション
2014~2017年 さんだクラフトハウス 非常勤講師
毎年 個展・グループ展多数


2000年 酒の器展 入選
2010年 第四八回兵庫工芸展 入賞(兵庫県教育委員会賞)
2010年 酒の器展 入選
2011年 第四九回兵庫工芸展 入賞(兵庫県知事賞)
2011年 第四九回兵庫県展 入選
2012年 札幌芸術の森 ビアマグランカイ 入選



ギャラリー 彩(irodori)

新作・旧作を含め、二人の作品を常設展示、販売しています。
また、展示作品を参考にオーダーも承ります。

土・日・月曜日営業 [年末年始、展覧会期間中はお休みします]
詳しくは下記連絡先にお問い合わせください。



ガラス工房るん

お問合せ
Mail glassrung@gmail.com
TEL 079-506-1380
HP http:// www. glass-rung.com/
FB http:// www. facebook.com/glassrun
Instagram glassrunghide
      galleryirodori

販売サイト https://www.creema.jp/c/glassrung

〒669-2721
兵庫県丹波篠山市西谷1-5


工房・ガラス教室ホームページへ

      

TOPへ戻る

2020 pamphlet  2020 poster